グリニッチってどこにあるの?
教会についてのQ&A
相談室のお知らせ
グリニッチ福音キリスト教会の沿革
私達の教会の信仰告白
牧師・伝道師の略歴



知っていますか?
  グリニッチに日本語の教会があることを!


「教会はクリスチャンだけが行くところ」と思ってはいませんか。教会は全ての人に開かれています。聖書を学んでみたいと思っている方、米国の社会の基盤ともなっているキリスト教について知りたいと思っておられる方、是非気軽にお出かけ下さい。私たちの教会は皆様をお待ちしております!

 海外生活においては、新しい発見や素晴らしい出会いがあります。しかし、同時に異文化の中で、孤独や不安、あるいは不適応を感じる時もあります。また、日本で心の拠り所としていたもの、親族や友人、日本の伝統や習慣、宗教から切り離されて、ルーツを失ってしまったように感じておられるかも知れません。
 そんな時、聖書の言葉はあなたに潤いと励まし、生きる勇気を与えます。またあなたの毎日の生活に指針を与えてくれる書物です。何故なら、聖書は時代や国境を越えて、全ての人々に対して書かれた、神様からのメッセージだからです。あなたも聖書を、学んでみませんか。

  誰でも渇いているなら、私のもとに来て飲みなさい。
   私を信じる者は聖書が言っている通りに、その人の心の奥底から、
    生ける水の川が流れ出るようになる。(聖書)


グリニッチってどこにあるの?
  「グリニッチ」という名前を聞くと、グリニッチ標準時(英国)やグリニッチ・ビレッジ(マンハッタン)を思い浮かべる方も多いと思いますが、私達の教会のあるグリニッチはニューヨーク市郊外、コネチカット州の南端にある町です。グリニッチはニューヨーク市のベッドタウンで、電車でも高速でも30〜45分でマンハッタンにアクセス出来ます。(マンハッタンまで約40km)このようにニューヨーク市への交通の便が良く、治安も良く、公立学校の教育レベルが高いことから、多くの日本人が住んでおります。またグリニッチには全日制の日本人学校(初等部・中等部)や塾もあり、抜群の教育環境が調えられています。ニューヨークに来たら、是非住んでみたい町の筆頭に挙げられる町です。


教会についてのQ&A

◆ 信 仰
教会は初めてという方を含め、既に信仰を持っている方、どなたにでも開かれています。

◆ 英 語
基本的に礼拝や集会はすべて、日本語で行っています。

◆ 教 派
グリニッチ教会は聖書の教えに基づいた(福音主義信仰)プロテスタントの教会です。
プロテスタントも各派ありますが、教派は問わない超教派の教会です。

◆ 洗 礼
聖書が勧める通り、罪を悔い改めて、イエス・キリストを自分の救い主として、
また生涯従っていくべき「主」として受ける方ならば、どなたにでも授けられます。

◆ 聖餐式
どちらの教会でも信仰告白をされ、バプテスマを受けていらっしゃる方は受けられます。

◆ 駐車場
教会駐車場と周辺道路をご利用ください。

◆ 服 装
普段着でOKです。

◆ 託 児
礼拝は家族全員でするようにしていますが、必要に応じて集会によっては幼児・児童のためのチャイルドケアも行います。

◆ 持ち物
聖書や讃美歌集等は教会に用意されています。勿論、ご自分の聖書をもって来てくださっても結構です。

◆ 会 費
ありません。教会は基本的に信者が自由に捧げる献金により運営されています。

◆ 他宗教
当教会はエホバの証人(ものみの塔)、統一教会、モルモン教、バハイ等のキリスト教に似た諸宗教とは関係ありません。


相談室のお知らせ
私達はとかく、言葉や文化の違いから来るストレスやプレッシャー、対人関係や子育て等で悩まされます。そんな時、ご一緒に考え、祈り、解決の道を見出して行きたいと思います。遠慮なく牧師までご相談下さい。 (203-531-1609 あるいは church@jgclmi.com まで随時)


教会の沿革

St. Paul Lutheran Church
1991年、日本の多くの教会の協力により、LMI世界宣教会という宣教団体を通し、近藤泉・美貴子宣教師がNYに遣わされて来ました。早速、チャパクワ福音キリスト教会が設立され、地域の日本人に福音を伝える働きが始まりました。地域の日本人の動向の変化に伴い教会はCTグリニッチに移転、1995年より新たにグリニッチ福音キリスト教会として再出発しました。
以来、教会はグリニッチを拠点にNY(ハリソン、ライ)CT(グリニッチ、ダリアン、ニューヘイブン)に住む多くの方たちに福音を伝え、多くの方が洗礼を受けて日本に帰国されました。そしてほとんどの方が今なお、日本でアクティブなクリスチャンです。近藤宣教師夫妻は宣教師としての任期を終え2003年6月に帰国されました。グリニッチでの働きは日本の教会から同じく宣教師として遣わされてきた立石尚志・聖美夫妻にバトンタッチされ継続されています。


私達の教会の信仰告白
私達の教会は聖書信仰に立つプロテスタントの教会です。当教会の信仰告白はLMI世界宣教会/日本福音キリスト教会連合のものを採用しています。

1. 聖 書 
聖書は、旧新約六十六巻からなり、すべて神によって霊感された、誤りのない神のことばである。聖書は、神が救いについて啓示しようとされたすべてを含み、信仰と生活の唯一絶対の規範である。

2. 神 

神は、唯一であり、霊なるお方である。その存在、知恵、力、聖、義、愛、真実において無限、永遠、不変である。神はその本質において一つであるが、父、子、聖霊の三位において永遠に存在しておられる。

3. 神のみわざ 

神はその主権によって万物を創造し、支配しておられる。神は、みこころのままに、罪人を救うため、時至って御子を世に遣わされた。

4. 人 間 

神は人を神のかたちに創造された。最初の人アダムは神との正しい関係にあったが、サタンの誘惑により、神のみこころに背いて罪を犯し、堕落した。すべての人はアダムにあって罪を犯したので、生まれながら罪の性質を持っており、神の御怒りのもとにある。

5. キリスト 

主イエス・キリストは、まことの神であり、まことの人である。主は、聖霊によってみごもった処女マリヤから生まれ、人類の罪のために、身代わりとして十字架の上で死に、葬られ、三日目によみがえり、天に昇られた。主は今、父なる神の右に座して大祭司の務めをしておられる。

6. 聖 霊 

聖霊は、人に罪を認めさせ、新たに生まれさせて、神の子どもとされる。聖霊は、キリストを信じる者の内に住み、その人々を、この世でキリストにあって生きる者とし、キリストのかたちに形造られる。

7. 救 い 

救いは、キリストの身代わりの死を信じる者に与えられる神の恵みの賜物である。罪が赦され、義と認められた者は、滅びることなく、永遠のいのちを与えられる。

8. 教 会 

教会は、キリストをかしらとするからだであり、みことばの宣教により、聖霊によって新生した者の集まりである。教会は、神のみこころに従い、神を礼拝し、聖書を学び、バプテスマと聖餐の礼典を守り、福音を宣教し、主のしもべとして互いに仕え、福音のために共に戦い、愛のわざに励み、主の再臨を待ち望む。

9. 再臨と最後の審判 

主イエス・キリストは、みからだをもって再び来られる。死者はからだをもってよみがえり、すべての者がさばきの前に立つ。主は信じる者を永遠の祝福に、信じない者を永遠の刑罰に、分かち定められる。主は終わりにすべてを新たにし、御国を父なる神に渡される


教会のビジョン



牧師・伝道師の略歴
  立石尚志(たていしひさし)
東京杉並生まれ。駐在員の子供としてNY、LAで育つ。中学3年で帰国、その後の教育は日本で受け、高校1年の時に信仰に導かれて受洗する。迷いが続く中、信仰の確信を大学四年時に得る。卒業後、エンジニアとして5年勤務。弟の死をきっかけに聖書を学ぶために神学校(聖書宣教会・神学舎)で訓練を受ける。卒業と同時に結婚、1992年より横浜市緑区にある「かもい聖書教会」にて10年間、妻聖美とともに牧会にあたる。グリニッチ福音キリスト教会を始められた近藤泉・美貴子宣教師との出会いを通し、ニューヨーク周辺邦人宣教に導かれる。2003年、近藤宣教師らの任期満了と同時にバトンタッチし、グリニッチ福音キリスト教会の牧師となる。一男一女の親。

立石聖美(たていしきよみ)
愛知県常滑生まれ。祖父、曾祖父がキリスト教伝道者であり、クリスチャン五代目。信仰の確信は音楽大学1年の時に与えられ、以降、国際ナビゲーターの働きを通し弟子訓練を受ける。学内で聖書研究グループなど始めたりもする。卒業後ピアノ教師を勤める傍ら、常滑の実家で弟が始めた教会を手伝う。神学校(聖書宣教会・音楽舎)に導かれ、教会音楽の訓練を受ける。神学校で夫と出会い結婚。



目次:

お知らせ | 教会について | 集会案内 | グリニッチ便り | 場所・道順 | 礼拝説教録画 | 教会のビジョン | 近隣教会リンク